スポンサードリンク

タイトル

のぼる
よし!今日はキャンプ調理器具の定番スキレットのシーズニング方法について紹介したいと思うよ!
つぐみ
シーズニングか!大事だもんね。特に初心者の頃ってやり方よくわからなかったのよね。
のぼる
そうそう。シーズニングって特に最初だけやれば良いのか、毎回やらなきゃいけないのか、そもそものやり方は?って疑問に思うこと多いよね。

ということで、今回ふたりキャンプでは、スキレットのシーズニング方法についてご紹介します。

スキレットのシーズニングについて、

シーズニングの気になるポイント
・初回のみで良い?
・シーズニングの方法
・そもそもなんでシーズニングしなきゃいけないの?

というところに迫っていきたいと思います。

のぼる
ふたりキャンプおすすめのスキレットはこちらで紹介しています。ぜひチェックしてみてださい。
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥906 (2020/12/01 17:36:36時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

なぜシーズニングをしなければいけないのか?

つぐみ
なんでシーズニングっているんだろうね?

工業用オイルやワックスを落とすため。

洗剤で洗われたフライパン

スキレットには商品にもよりますが、商品出荷時に錆止めのために化学的なオイルが塗布されている場合が多いです。

さらにそのオイルが食用でない場合、しっかりと洗浄しておかないといけません。

つぐみ
なるほどね〜。だから最初にしっかりと洗うんだね。

鋳鉄製は錆びやすい!なので錆止めするため。

スキレット

キャンプギアに使われている金属には色々な種類がありますが、スキレットには鋳鉄製で作られたものがほとんどです。

スキレットやダッチオーブンは鋳鉄製のものが多いです。

鋳鉄製の特徴は丈夫で重く、熱伝導率が悪く温度を保ちやすいところにあります。

つぐみ
なるほどね〜。だからキャンプ調理器具として人気があるんだね〜。ハンバーグとかお肉料理でよく使われているもんね。
のぼる
だけど、鋳鉄製は圧倒的に錆びやすいんだよね。

キャンプ調理しやすい器具である一方「錆びやすい」という特徴があります。

そのため、オイルを塗ることによって錆止めをすることが大きな理由の一つです。

臭い消しをするために必要!

野菜とミカンの皮

さらに、スキレットは特に最初鉄臭ささがあるため、そのまま調理してしまうと料理に臭いが移ってしまいます。

もちろん使っていくうちに無くなっていくのですが、それをシーズニング時にしっかりと臭いを取っておくと初回の調理から美味しい料理ができます!

のぼる
大きく分けるとこの3つが、シーズニングをする理由になっているんだ。

特に初回は全ての工程をやることをおすすめします!

スポンサードリンク

シーズニングの回数、頻度について!毎回しないといけないのですか?

つぐみ
初回のシーズニングをする理由は分かったけど、2回目以降はどうしたら良いの?

2回目以降のシーズニングに関しては、いろいろな考え方がありますが、ふたりキャンプでは、毎回シーズニングすることをおすすめしています。

というのも、使い方にもよりますが、やはり鋳鉄製のフライパンは圧倒的に錆びやすいです。

1回使用して、洗って干しておくと1.2日でもう錆が来ていることがあります。

つぐみ
えっ!そんなに早くさびちゃうの。

そうなんです!なので時間があればキャンプから帰ってからしっかりとシーズニングしておくと、長い間スキレットを使うことができます。

のぼる
メンテナンスさえしっかりとしておけば、長く使えるのがスキレットなので面倒くさいですがしっかりとシーズニングしておこうね!

ただ、2回目以降は臭い消しは不要です。

サビが強く入って、臭いが気になる場合はその都度やってもOKですが、僕は基本的に最初だけやっています。

スポンサードリンク

スキレットのシーズニング方法を詳細解説!

のぼる
今回はキャプテンスタッグのスキレットを使ってシーズニングしていこうと思うよ!これ安くて使いやすいのでおすすめのスキレット!
created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥906 (2020/12/01 17:36:36時点 Amazon調べ-詳細)

洗浄と錆止めの方法はこちら!

    1. まずはオイルを洗浄して落とす!
      まずは中性洗剤でオイルを落としましょう!

      洗剤で洗われたフライパン

      のぼる
      最初の1回目はとくにしっかりとオイルを落としておこうね!
    1. お湯を沸騰させる!
      この作業は気になる人向けですが、化学オイルやワックスなどがお湯に浮いて落ちやすくなるので、洗浄しても気になる人は沸騰させてオイルを浮かせて洗い流しましょう。
      沸騰された水
    1. 続いて焼きをいれます!火にかけられたスキレット
      のぼる
      ここでスキレットに焼きを入れていきます!「焼き」と言っても、ヤンキーがやるやつとは違うよ!しっかりと熱して熱々にするんだ!

      焼を入れる理由としては、しっかりと水分を飛ばしてこの後のオイルをなじませやすくするため。

      煙が上がったスキレット

      目安としては白い煙が上がるまでは熱を入れましょう!

      また、裏返して内側の面にもしっかりと熱を入れると丁寧です。

    1. オリーブオイルを塗っていく!
      そして錆止めのためのオイル塗布!

      オリーブオイル

      のぼる
      この時僕は、キッチンペーパーを使って全体をしっかりと塗り広げていきます。

      オイルを塗っているところ

      裏にもしっかりと塗る

    1. ③と④を3回繰り返す
      のぼる
      この作業を3回ほど繰り返して、熱いれとオイル塗布を続けていくと、スキレットが黒光してくるよ!
      黒光したスキレット

      この色具合がシーズニング完了の証!

最後に野菜のくずを入れて炒める!

最後に野菜くずを入れて炒めれば、臭い消しも住んでシーズニング前工程の終了です!

野菜とミカンの皮

炒められた野菜クズ

野菜のくずに関しては、葉っぱみたいな物であればなんでもOKです。

大根の皮やネギの端っこ、レタスの余った部分、みかんの皮など量できるものはたくさんあります。

少し焦げるくらいまで満遍なく火を通せばOKです!

シーズニングは簡単!あとはキャンプで実際に使って楽しもう!

焚き火調理されているスキレット

つぐみ
今回細かく色々と紹介してもらったけど、実際のところやっていることは簡単だったわね。
のぼる
そうだね!あと僕は、2回目以降は熱入れとオイル塗布を1回やって次のキャンプまでしまっておくようにしている!

ということで、スキレットとは切っても切れない「シーズニング」について、今回ご紹介しました。

シーズニングは鋳鉄製のギアには必要なメンテナンスなので、ぜひ覚えていってください。

ありがとうございました。

ふたりキャンプ(@futari_camp)のスキレットシーズニング方法紹介でした。

\関連記事はこちら!/
スポンサードリンク
おすすめの記事