スポンサードリンク

タイトル

のぼる
ふたりキャンプでは一押しのテント、ogawa「ヴィガス(vigas)」を今日、徹底レビューしようと思うよ!

ヴィガスのバック

つぐみ
それは良いわね。私たちのふたりキャンプには欠かすことができない、テントだもんね。
のぼる
うん!それと今回は、テントを買いたいって人のために、ヴィガスのメリットデメリット、そして内観・外観、いろいろなところを画像付きで詳細にレビューしようと思っているからぜひチェックしてみてね!

ということで、今回はogawaから販売されている「ヴィガス(vigas)」のブログレビューです。

テント設営から、スペック、さらに機能的な部分まで画像をたくさん使ってご紹介します。

気になる点はコメントしていただければ今後追加していこうと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

のぼる
ヴィガスはAmazon、楽天で購入できるので、価格などは以下をチェックしてみてね!⤵︎
created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥99,000 (2020/09/26 20:45:20時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

ヴィガスの価格、販売時期についてもチェックしておこう。

ヴィガス

ヴィガスは公式定価が71500円(2020年02月12日現在)で、Amazonでも同じ価格で販売されていました。

執筆時点で、一番安価なのが楽天での販売で、ポイントもつくのでおすすめです。

ヴィガス公式定価
価格
公式定価 71500円(税込)
Amazon 71500円(税込)
楽天 62920円(税込)
created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥99,000 (2020/09/26 20:45:20時点 Amazon調べ-詳細)

またoagawaのテントは1年間で販売数が決まっており、時期やタイミングによっては在庫がなくなる可能性もあります。

のぼる
もし今季の受注が終わってしまうと、来年以降の購入になるので注意だね!

ただ、実際の現物をを見て購入したいって思いもありますよね。

のぼる
ということで、今回はできるだけ詳細にヴィガスのスペック、特徴、外観、内観を画像付きで説明したいと思っています。
スポンサードリンク

ヴィガスの広さ、重さ、防水能力などスペックについて!

のぼる
テントでチェックしておきたいのは「耐水圧」と「大きさ」かな。サイズがわからないって人に先に言っておくと、大人ふたりでちょうど良いサイズだよ!わがふたりキャンプにとって最適な大きさと言えるね!
内容
重量 全体:9.0kg(フライ:4.4kg、インナーテント:1.7kg、ポール:2.9kg)
素材 フライ:ポリエステル75d
インナーテント: ポリエステル68d
グランドシート: ポリエステル210d
メインポール、フロントポール:アルミφ14.5mm、リッジポール: アルミφ12.8mm
耐水圧 1,800mm
テントサイズ 設営全体:高さ:192cm 奥行き:356cm 横幅:258cm
インナーテント:横幅:220cm 縦150cm 高さ:160cm
収納時サイズ 70×30×26cm
付属品 張り綱、アイアンハンマー、スチールピン、収納袋

一応公式上は3人用テントとなっていますが、対応人数マイナス1人が基本になります。

子供を入れて3人でもギリギリのサイズ感だと思います。

スポンサードリンク

ヴィガスの耐水圧は1,800mmのダブルウォール!

雨の日のキャンプ

耐水圧はに関しては、1800mmまで対応しています。

耐水圧は上を見ればキリがないほど良いものもありますが、ダブルウォールであることを考えると大抵の雨は耐えられるスペックを持っています。

大体1500mm以上あると、強い雨でも大丈夫と言われることが多く、さらにダブルウォールであることを考えると、インナーテントの仲間で浸水することはまず無いと思います。

ちなみに一度、雨の中で一日使用しましたが、内側に水滴が滲み出すことはありませんでした。

別メーカーで有名なところでいくと、

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥48,280 (2020/09/26 20:45:21時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ロゴス(LOGOS)
¥43,780 (2020/09/26 20:45:22時点 Amazon調べ-詳細)

この辺が同じくらいの耐水圧で、人気のあるテントとなっています。

つぐみ
なるほどね!1500mm以上あれば通常のキャンプだと全然問題なさそうだね。

ヴィガスの設営方法!一人でも建てられるしふたりだと楽勝!

のぼる
簡単にだけどヴィガスの設営方法についてご紹介!結構簡単なので、ポイントをちょっとチェックしておこう!
つぐみ
おう!

フライシートにメインポールを差し込む!

フライシート

ヴィガスはフライシート本体外側にポールを差し込むテントです。

フライシートにポールを通すところ

フライシート大してバツを描くように、2本対になるように差し込んでいきます。

ポールの差し込まれたフライシート

前側はアシストクリップに通して固定しておきます。

アシストクリップ

テントを立ち上げる!前室ひさし用のポールを挿入!

立ち上げられるテント

後ろ側からポールの中心部を支えながらポールを押し込んでいくとテントが立ち上がります!

つぐみ
これ両方のポールを2人で持っているとめちゃくちゃやりやすいよね!

あとは前室部分のひさし用のポールを入れていきます。

前室用ポール

さらにポールは両サイドのアシストクリップに固定します。

アシストクリップ

後方のひさし用のポールも挿入!

ひさし用ポール

つぐみ
私は大丈夫だったけど、ちょっと背が高いから背が届かない人は、先につけておくと良いわね!

テント

ペグダウンと張り綱をつける!

のぼる
かぜが強い日は先にペグダウンしておこう!

ペグダウン

張り綱とテント

ヴィガスには付属でハンマーと硬めのペグが入っているので、ペグの買い直しは必要ありません。

これもヴィガスの特徴とも言えます。

通常のテントは貧弱なペグも多く、頼りないものも多いですが、さすがogawaと言えるクオリティです。

あとはインナーテントをつければ完成!

インナーテントは、フックに引っ掛けていけばめちゃくちゃ簡単に取り付けられます。

吊り下げられたインナーテント

フック

インナーテントの前後だけ気をつけて、奥側から手前側に向けてフックを取り付けていきましょう!

ヴィガスのインナーテント下のグラウンドシートは純正も販売されていますが、少しお値段が張ります。(大体6000円前後)

created by Rinker
ogawa(オガワ)
¥6,270 (2020/09/26 20:45:23時点 Amazon調べ-詳細)

そこでおすすめなのがこのブルーシートなんです。

ブルーシート

信じられないくらいぴったりのサイズ感でインナーテントの下に収まります。

つぐみ
これなら何かで汚れた時も、買い替え安くて良いわね!

ヴィガスのテントの特徴と注目ポイント!

それでは、設営完成したヴィガスの中を見ていきたいと思います!

前室のドア、スペースの余裕が素晴らしい!

前室

まずは前室部分。

通常2.3人用のテントだと前室部分があっても使えないってことはよくあります。

入れて1人分のスペースしかないので、タープを別に立てることも多いです。

ですが、ヴィガスの場合は、椅子を2つ入れても隣に4段ラックを置けるくらいの余裕があります。

さらに、左右両方にメッシュになるドアとベンチレーションが付いているので、夏場も使用しやすいです!

つぐみ
夏キャンプで締め切って虫を避けながらのキャンプもできそうね!

インナーテントのフライシートのベンチレーション

インナーテント内とテント後方部分にベンチレーションがあるのと、採光が取り込めるビニールの透明窓があります。

ベンチレーション

窓

後ろ側にもチャック式のドアが付いているので、後方からの出入りも可能です。

テント後方

インナーテント内にはポケットも完備!

ポケット

のぼる
インナーテントの入り口横にポケットは通常入り口部分の収納に使うんだけど、スマホを入れられたり、ちょっとした収納に使えるんだよね!

収納された入り口

ポケットは就寝時ドアを閉めていると思うのでまず空っぽになっていると思います。

なので、ちょっとした収納に使えるというわけです。

ヴィガスのデメリットについて!

のぼる
テントを購入する上で、デメリットもしっかりと理解しておきましょう。

ヴィガスは機能性、サイズ感などいろいろなところを考慮するとそうデメリットもないのですが、僕が1年くらい利用してきてこれあったら便利だな!ってところをちょっと書き出しておきます。

ランタンフックがない!

テントの中

ヴィガスには前室中央部分の天井にランタンフックがありません。

なので、夜遅くなった時に上からランタンを照らしたい時にちょっと不便です。

一応前室両サイドにフックをかける部分があるので、そこにランタンをひっかけることがでできますが、中心部にランタンを付けたい場合はスノーピーク「パイルドライバー」などを利用して、設置する必要があります。

夕食の風景

のぼる
僕はいつもテーブルにランタンを置いたり、ランタンフックを使っているのでそんなに不便い感じたことはないんだけどね。

後方入り口部分にメッシュがない。

写真を撮り忘れてしまったので後日アップしますが、ヴィガスの後ろの扉は開閉可能ですがメッシュがついていません。

なので、前回にすると前方と後方が繋がるような形になります。

つぐみ
完全に風通りを良くするために全開にしたい人などにとってはちょっと不便なところよね。
のぼる
そうだね。でも実はインナーテントの後ろ扉にはメッシュが付いているので、インナーテントの後ろを開放するとメッシュ対応も可能だよ。

完全メッシュにはならないですが、メッシュ対応は可能です。

調理の時などにちょっと後ろを開けたい人は、インナーテントをうまく使いましょう!

とにかくふたりキャンプにはヴィガスがおすすめ!

「ふたり用のテント探しているんですけど。」

と言われた時に一番最初におすすめしているのがogawaのヴィガス(vigas)です。

今回見てもらった通り、スペックもサイズ感もめちゃくちゃ良い感じです。

ふたりキャンプでテントをお探しの肩は是非チェックしてみてください!

ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

\ヴィガスにおすすめのキャンプギア/
スポンサードリンク
おすすめの記事