スポンサードリンク

タイトル

ワンポールテント内をぼんやリト明るくしたいという願望が生まれたにつき。LEDランタンを購入しようとロゴスへ。

つぐみ
どれがいいかなぁ?
のぼる
なんかこれめちゃくちゃかわいい!

ということで、見つけたのがロゴス「Bamboo ゆらめき・かぐやランタン」という、ちょっと長たらしい名前のランタン。

今回は、キャンプに連れてってレビューしてみました。

スポンサードリンク

ロゴス「バンブーランタン」の価格とスペック!

ランタンのパッケージ

スペック 数値
価格 11,990円
バッテリー 7800mAh
照度 294lm
大きさ 16.8×12×32cm
重さ 825g

見た目よりもすごく軽くて、手軽に持ち運びできる感じのランタンです。

明るさは294lmで少し控えめではありますが、室内をのほのかに明るくし、テーブル周りの明かりとしてはちょうど良い感じです。

7800Ahあるのは、ランプとして使えるのと、給電ポートがついているのでスマホなどの充電も可能になっています。

のぼる
後で紹介しますが、スマホ充電もできるのが嬉しいポイント。
\インスタでも紹介しています。/

スペック

スポンサードリンク

ランタンの組み立て方法。シェードの取り付け。

Bamboo ゆらめき・かぐやランタンは、下から上に電球が生えているような形になっています。

そのため、上側にシェードを取り付けることで、光の広がりを調整します。

内容物

のぼる
同梱物は、シェードとコネクタ、USBケーブルの3つだけ。

取手の下側にねじ穴があるので、そちらにコネクトして使います。

シェード

あとは、充電して使うだけなので至極簡単です!

つぐみ
機械が苦手な私でも簡単に取り扱えちゃいそう!
スポンサードリンク

実際にランタンを使ってみたよ!感想を交えつつ紹介します。

明るさは必要最低限。だけど気持ちが和む。

ランタン

使い方はすごく簡単で、ダイヤルを回すだけで明るさが調整できます。

無段階調整なので、自分の好みの明るさに仕上げることができます。

色温度は温かめで、テーブルを照らすとこんな感じになります。(環境により見え方が異なります。)

テーブル

部屋全体を明るくするというよりは、テーブル周りの明るさを確保するという雰囲気です。

ランプ

つぐみ
ただ明るさの雰囲気がすごく良いわね!

ゆらめきモードで本物の火を灯す。

ランタン

明るさのモードとして、まるで本物の火のようにじらじらと光が揺らめくようなモードがあります。

その名もゆらめきモード。

これがまた、自然の明るさに近く。雰囲気もしっかりと作れます。

のぼる
写真じゃわかりづらいので、しっかりと試してみてください。

充電時間とバッテリー持続時間。

スペックのところでも説明していますが、バッテリー容量は7800mAhあって、強モードでも12時間、弱モードでも200時間の連続点灯が可能になっています。

明るくしても12時間持つのであれば、一泊キャンプにはちょうど良いバッテリー容量ですね。

2泊以上になる場合は、ポータブルバッテリー・電源を持っておくと良いと思います。

また、このランタンの良いところは単体で給電もできるところ。

ポート

左側はランタンの充電ポート、右側が他の機器への給電ポートになります。

本体を蓄電している状態で、給電することはできませんが、iPhone2000mAhを3台は充電できるスペックがあります。

ちょっとした機能ですが、嬉しいポイントですよね。

これさえあれば、モバイルバッテリー不要のキャンプが楽しめそうです。

竹の香りも楽しめる。

結構疑っていたのですが、本体からはしっかりと竹の香りがして良い心地です。

ランタン

個人的に、見た目の形や質感も整っていて、LEDなのですが自然な感じが楽しめるのも良い特徴です。

つぐみ
雰囲気が優しい感じで素敵よ。

ワンポールテントでも安心して使えるバンブーランタン。

ということで、今回はワンポールテント内で「Bamboo ゆらめき・かぐやランタン」を使ってみました。

のぼる
詳しく詳細を聞きたい人は、ふたりキャンプ@futari_camp)のインスタにDMかコメントもらえればと思います。
つぐみ
すごく良いランタンだと思います!

ロゴスは他にも色々なランタンがあり、特にLEDはメーカーでも随一のラインナップではないかと思っています。

是非一度使ってみてください。

それでは!

ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

\その他のランタンレビュー/
スポンサードリンク
おすすめの記事