MENU
当ブログではアフィリエイト(広告)を利用しています。

1万円以内で買える!夏でも1泊キャンプにおすすめのクーラーボックス。

当ブログではアフィリエイト(広告)を利用しています。

タイトル

なるべくコストを下げたいけど、失敗したくないクーラーボックス選びのために、ふたりキャンプで、コスパの良いクーラーボックスをまとめてみました。

つぐみ

それすごく良いじゃない。クーラーボックスって結構色々と種類があるから、どれに使用か迷ったもんね。

のぼる

そうだね〜。めちゃくちゃな失敗ってことはないけど、少しでも良いもの選びたいもんね。

ということで、今回は初心者の方向けに1万円以下を基準にして、購入できるクーラーボックスをまとめてみました。

サイズによっては1万円を超えてしまうものもありますが、コスパは良いと思うので検討材料にぜひしてみてください。

目次

「エクストリーム」コールマンのコスパ最強クーラー!

エクストリーム

コールマンはこの手のクーラーが2種類あって、エクスカーションというものと上位機種のエクストリームとあります。

どちらか迷ったのですが、夏場のキャンプで2泊くらいまで考えているのであれば、エクストリームかなと思ってこちらをチョイスしました。

のぼる

2種類を比較したいって人は、以下の記事から比較しているので、ぜひチェックしてみてください。

とにかく保冷力が良くて、朝から入れてた氷が次の日くらいまでは余裕で残っています。(保冷剤をしっかりと入れた状態)

ぜひお試しあれ!


  • コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
    コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
  • 「ハイパー氷点下クーラー」アイスが持っていけるクーラーボックス。

    ハイパー氷点下クーラー

    アイスがキャンプ場に持っていけると注目を集めたソフトクーラーボックスです。

    つぐみ

    もはやロゴスの定番のクーラーボックスですね。

    保冷力もそうなんですが、ソフトクーラーなので収納するときにコンパクトになるのも便利なところ。

    クーラーボックスはどうしても家でも、運ぶときも場所を取ってしまうのでこの点はハードクーラーには実現できないメリットです。

    これに保冷力もついてくるので素晴らしいんです。

    サイズも3段階でMサイズ以下は1万円を切ります。

    created by Rinker
    ロゴス(LOGOS)
    ¥7,255 (2024/07/21 00:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

    「リミテッドクーラー」上位機種でこの価格

    リミテッドクーラー

    ロゴスからはもう一つ選出しまして、ハードクーラーもご紹介します。

    ロゴスのハード系のクーラーには、リミテッドとこの下のラインナップであるアクションクーラーがあります。

    ただ、保冷力はこちらの種類がよく、サイズ展開もちょうど良いんです。

    のぼる

    しかも保冷機能もそこそこあって、Lサイズ以下は1万円を切ります。

    一番最初に購入するクーラーボックスとしては手軽で良いのではないでしょうか?

    「マリンウルトラ」IGLOO(イグルー)がこの価格で買える。

    マリンウルトラ

    キャンプのクーラーボックスを探していると、十中八九このブランドが見つかると思います。

    クーラーボックス専門ブランド「IGLOO(イグルー)」です。

    イグルーでは、ハイエンドモデルのIMX24が有名ですが、このクーラーボックスは2万を超えてきます。

    ただ、今回紹介する「マリンウルトラ」は、1番大きいサイズでも1万円を切り、公式の保冷力テストですが、32度の気温下の中で4日間の保冷力を持っています。

    つぐみ

    なるほどこれはすごいわね!

    のぼる

    元々海上で使うことを想定されたクーラーボックスで、日光などのUVに対する対策も取られているクーラーボックスなんだよね。

    夏場にも強いクーラーボックスなので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

    「ソフトくらお」DODの新作です。

    ソフトくらお

    ネーミングがまず可愛い。DODの特徴ですね。

    ソフトくらおは、ソフトクーラーでありながら断熱材が極厚に入っていて、保冷力もしっかりとあります。

    さらに内側に仕切りがあって、食材毎に分けて入れることも可能なので機能性も申し分ないです。

    つぐみ

    DODってロゴも可愛いし、めちゃくちゃテンション上がるよね。

    ソフトクーラーをお探しの方は、こちら新作でおすすめです!

    クーラーボックス選びは難しい。

    見た目、価格、保冷力。

    この3つのうちにどれを購入する基準にするかで、どのメーカー、どの規格を購入するのかが決まってきます。

    今回は価格に焦点を当てましたが、良いものが欲しくなったらこの限りではないです。

    のぼる

    キャンプって始めたは良いものの、飽きちゃうって人も少なくないんですよね。だからこそ、安いところから始める。というのもありです。

    つぐみ

    うん!そうだね。私たちみたいに年中行ってる人って少ないもんね。

    ということで、ぜひ検討してみてください。

    ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

    \クーラーボックスのおすすめ!/

  • コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
    コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
  • コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
    コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
  • コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?
    コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?
  • キャンプの時の氷の保管は、魔法瓶(ステンレスボトル)で十分だという話。
    キャンプの時の氷の保管は、魔法瓶(ステンレスボトル)で十分だという話。
  • コールマン「ホイールクーラー」をキャンプで使ってみたレビュー!保冷剤は何個入れる?
    コールマン「ホイールクーラー」をキャンプで使ってみたレビュー!保冷剤は何個入れる?
  • LOGOS(ロゴス)保冷剤「倍速凍結・氷点下パック」通常の保冷剤との違いは?購入レビューしてみた。
    LOGOS(ロゴス)保冷剤「倍速凍結・氷点下パック」通常の保冷剤との違いは?購入レビューしてみた。
  • よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次