MENU
当ブログではアフィリエイト(広告)を利用しています。

無骨でカッコ良い!スチールクーラーボックスの各社スペック別まとめ!

当ブログではアフィリエイト(広告)を利用しています。

タイトル

キャンプのクーラーボックスといえば「ソフト?」「ハード?」

無骨でカッコ良いのはハードクーラーが多いですが、その中でもタフなクーラーとして人気があるのがスチールクーラー!

のぼる

ただ、結構値段も高めで、もし買うなら間違ったものを買いたくないですよね。そこで、今回は各社比較しつつ、スチールクーラーボックスを紹介したいと思います!

つぐみ

複数個買って試すってことができないから、良いものを買いたいもんね。

ということで、ふたりキャンプでおすすめするスチールクーラーボックスをご紹介します!

目次

スチールクーラーを単純に価格を比較!コスパで決めるならこれ。

のぼる

今回は4機種を比較!どんどん追記していく予定なので、最終的には多くのクーラーを比較したいと思っています!

メーカー 画像 価格
コールマン 26800円
CHUMS 26810円
TARAS BOULBA 21890円
TENT FACTORY 15609円

各社容量の規格がいくつかありますが、価格の差を見やすくするために51Lの規格で統一してみていきます。

コールマンのスチールベルトクーラーと、CHUMSのスチールクーラーは、OEM品ということもあって、基本的には性能なども似ていると思います。

価格も一緒なので、まずはここを基準とすると、タラスブルバやテントファクトリーの製品は、比較的安価です。

また、完全に外側もスチールの見た目は、メーカーロゴ以外は大きな違いは見られません。

そのため、まずは価格のプライオリティが高い人は、「TARAS BOULBA」「TENT FACTORY」あたりが良いかと思います。

つぐみ

やっぱり普通のクーラーボックスに比べると結構高めだね。でもこの重厚感は魅力的なのよね。

大人気!不動の1位のコールマンスチールベルト。

スチールベルトクーラー

スチールのクーラーと言われれば、まずははじめに出てくるのがコールマンの「スチールベルトクーラー」です。

のぼる

実際にふたりキャンプでもアニバーサリーモデルを持っていますが、カッコよく、機能的なクーラーです。

つぐみ

この色がめちゃくちゃかわいいし、保冷力も抜群でタフな一面もあるのよね!

正直ふたりキャンプには大きいかなと思ったのですが、一度手にしたらテンションが上がりまくりで、手放せなくなりました。

一つ残念な点があるとすると、 29Lクラスのミドルサイズのラインナップが無いところ。

多分このラインナップがあるだけで、売り上げもかなり変わると思うのですが、ここだけが残念です。

ちなみに水抜き口も用意されているので、水を張って使ってもOKです!

保冷力も氷を60時間保持できる能力があることを、ふたりキャンプでも確認しています。(詳細:コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人? | ふたりキャンプ

詳細は、レビュー記事と一緒にぜひチェックしてみてください。

  • コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
    コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
  • コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?
    コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?

  • CHUMS!無骨さと可愛らしさを併せ持つ憎めないクーラー。

    スチールクーラー

    CHUMSのクーラーボックスはこんなにタフな奴があるんですね。

    タフと言いながら、カラーやデザインはCHUMSらしさが残っていて、可愛い×カッコ良いがそこにあります。

    コールマンのOEM品ということもあって、機能的なところもおすすめでき、栓抜きや水抜きドレーンが備わっています。

    つぐみ

    これキャンプ場に持って行ったら絶対注目されるよね!

    ということで、お洒落さが備わったスチールクーラーなので、是非チェックしてみてください。

    チャムス(CHUMS) スチールクーラーボックス CH62-1128-0000-00

    タラスブルバはシックでカッコよく。コスパのバランスも良い。

    ステンレススチールクーラーボックス

    見出しで全てを語っていますが、タラスブルバのスチールクーラーは、黒とシルバーの2色展開で、見た目がめちゃくちゃ渋いです。

    このカッコよさがありながら、51Lタイプで2万円ちょっとの価格帯が素晴らしいですよね。

    のぼる

    購入時期によっては、セールなどが行われていると2万円切りで購入できるので、そこもポイントですかね。

    さらに言わせると、12・29・51Lのラインナップがあるので、痒いところに手が届く商品とも言えます。

    ふたりキャンプでは、29Lを購入し使っていますが、これがめちゃくちゃ1泊キャンプにちょうど良いのです!

    スチールクーラー

    ロゴ

    クーラーボックスに朝からアイスを入れても持っていきましたが、お昼過ぎでも普通に形を保っていました。

    アイスクリーム

    アイス

    こちらのレビューに関しては、今後しっかりと記事を書きたいと思いますのでお見逃しなく!

    インスタで適宜更新情報を発信しているので、こちらもうよろしくお願いします。

    \フォローはこちら!/
    created by Rinker
    TARAS BOULBA(タラスブルバ)
    ¥21,899 (2024/04/20 01:00:34時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    TARAS BOULBA(タラスブルバ)
    ¥20,900 (2024/04/20 10:18:07時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    TARAS BOULBA(タラスブルバ)
    ¥17,900 (2024/04/20 01:00:35時点 Amazon調べ-詳細)
    created by Rinker
    TARAS BOULBA(タラスブルバ)
    ¥16,900 (2024/04/19 13:34:59時点 Amazon調べ-詳細)

    メタルクーラーはコスパ最強か!

    メタルクーラー

    テントファクトリーもメタルクーラーという名前で、同じ系統クーラーボックスを出しています。

    テントファクトリーの特徴はなんといってもカラー・サイズと、バリエーションが多いところ。

    公式のサイトで調べただけでも、10種類くらいのカラーがありました。

    また、タラスブルバと同じで、3種類のサイズ展開になっているので、キャンプスタイルを選ばない選定ができます。

    あとは価格もかなり安く、Amazon価格だと2万円切りのものがほとんどです。

    とりあえず、スチールクーラーが欲しいけど、価格はなるべく抑えたい。という人におすすめのブランドです!

    つぐみ

    価格は安いけど、見た目もカッコ良いし、すごく良いわよね。

    スチールクーラー選び!どれにしますか?

    ということで、主要なキャンプメーカーのスチールクーラーを集めてみました。

    スチールクーラーと言っても、結構見た目やラインナップがメーカーによって差があるので、見た目だけでなく機能やサイズと照らし合わせて購入するメーカーを決めることになります。

    のぼる

    僕のおすすめはこの辺りなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    それでは!

    ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

    \クーラーボックス関連/

  • DODのクーラーボックス全種類まとめてみました!
    DODのクーラーボックス全種類まとめてみました!
  • 1万円以内で買える!夏でも1泊キャンプにおすすめのクーラーボックス。
    1万円以内で買える!夏でも1泊キャンプにおすすめのクーラーボックス。
  • コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
    コールマンエクストリームクーラー(28QT )をキャンプレビュー!保冷力コスパ最強。
  • コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
    コールマンスチールベルトクーラーをキャンプレビュー!かっこ良し、保冷力もある最高のクーラー。
  • キャンプの時の氷の保管は、魔法瓶(ステンレスボトル)で十分だという話。
    キャンプの時の氷の保管は、魔法瓶(ステンレスボトル)で十分だという話。
  • コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?
    コールマンクーラーボックス比較!エクストリームが必要なキャンパーはどんな人?
  • コールマン「ホイールクーラー」をキャンプで使ってみたレビュー!保冷剤は何個入れる?
    コールマン「ホイールクーラー」をキャンプで使ってみたレビュー!保冷剤は何個入れる?
  • LOGOS(ロゴス)保冷剤「倍速凍結・氷点下パック」通常の保冷剤との違いは?購入レビューしてみた。
    LOGOS(ロゴス)保冷剤「倍速凍結・氷点下パック」通常の保冷剤との違いは?購入レビューしてみた。
  • よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次