スポンサードリンク

タイトル

のぼる
今回ご紹介するキャンプギアはスノーピークの「チタンマグ」だよ!
つぐみ
いつもコーヒー飲むのに使っているマグよね。あれカッコ良いよね。
のぼる
見た目も機能も素晴らしいキャンプマグだから、マグを探している方は是非チェックしてみてね!

ということで、今回ふたりキャンプでは、スノーピークから販売されているキャンプ用のチタンマグの商品紹介レビューしたいと思います。

キャンプにはマグが必須!というくらい僕らふたりキャンプでは良く使っています。

スノーピークのチタンマグは軽量カッコ良く、キャンプにピッタシの一品なので、是非チェックしてみてください。

スポンサードリンク

スノーピークチタンマグの種類はシングルとダブル!そのサイズと価格は?

コーヒーの入ったマグ

のぼる
スノーピークのチタンマグにはシングルダブル2種類があります。価格は大体倍くらい差があり、あとは容量に伴って値段も上がるんだよね。
サイズ種類と価格
種類 シングル ダブル
220 2,068円(税込) 4,048円(税込)
300 2,178円(税込) 4,378円(税込)
450 2,508円(税込) 4,928円(税込)

ダブルの場合はチタンが二重構造になっていて、シングルよりも保温性が高いのが特徴です。

つぐみ
なるほどね〜。その代わり値段も高いってわけね。

4000円代は結構高級感がありますよね。

ストーブや焚き火が近い人は、温めながら飲めるのでシングル、マグ単体で保温性を求める人にはダブルがおすすめになります。

のぼる
あとで紹介しますが、物は間違い無いですし、何よりカッコ良い。長年使えることを考えると価格に見合った価値はあるんだよ。
スポンサードリンク

シングルとダブルマグを比較!特徴、サイズ、重さ、スペック紹介。

のぼる
シングルとダブルのそれぞれのスペックサイズの違いを比較してみたから、これでどれにするか決めやすくなるよね。
サイズ・重さなどの概要
シングル ダブル
サイズ 220:直径67.2×79mm
300:直径76.2×82mm
450:直径86.2×91.5mm
220:直径70×80mm
300:直径76×86mm
450:直径86×97mm
重さ 220:45g
300:50g
450:70g
220:
300:106g
450:118g
容量 220:220ml
300:300ml
450:450ml
220:220ml
300:300ml
450:450ml
材質 チタン チタン
つぐみ
やっぱりシングルの方がすごく軽いわね。マグなのに100g余裕で切ってるのはチタンの強みなのかな?

チタンは、丈夫で軽いのが特徴。個人的にですが、色の深さも好きで、キャンプギアを購入する特の指標の一つにしています。

ただ、やはりチタンはアルミやステンレスに比べると高価な場合が多いので、そこはデメリットとも言えます。

のぼる
ただ、めちゃくちゃカッコ良いだよね。
スポンサードリンク

今回はシングルの300を購入!実際に使った感想をご紹介!

チタンマグ

のぼる
よしそれじゃあのべ10回以上のキャンプで使ってきた感想を詳細にご紹介するよ!今回はシングルの300
の購入レビューだよ。

折りたたみ式の取手が地味に便利。

まずはキャンプギアを選ぶときに重要なコンパクトさ。

スノーピークのチタンマグの取手は折り畳み式になっていて、収納時はコップにぴったりと張り付くので便利です。

使用時の取手

収納時の取手

フォルムがめちゃくちゃカッコ良い。

キャンプ飯で朝ご飯がめんどくさい時、アルフォートコーヒーで済ませたいって時がありますよね。

アルフォートとチタンマグ

そんな中、朝日を横に写真を撮影すると、こんな感じの素晴らしい瞬間が切り取れます。

つぐみ
なんかめちゃくちゃ角度を気にしながらカメラ撮ってたけど、こんなの撮ってたんだw。

チタン独特の黒ずんだ色合いが素敵ですよね。

これだけでも購入する価値があると僕は思うんです。(本気)

ストーブとの相性が良く、保温しながら飲めると最高。

のぼる
我がふたりキャンプでは、トヨトミストーブをいつも使っているのですが、これとチタンマグの相性が抜群なんだよね。

ストーブの上のチタンマグ

つぐみ
特に冬のキャンプなんかはストーブとコーヒーって最高だよね。

ただし、注意点としては取手が熱くなるのでグローブをはめるから持ちましょう。

耐熱グローブ」をつけておくと安全ですね。

あと熱々の状態だとテーブルが傷むので、コースターなどと組み合わせ使いましょう。

つぐみ
なるほどね。キャンプにコースターは必須だよね。

直火は禁止となっていますが、シングルだと使っている人も。

メーカーとしては直火の推奨されていません。

特にダブルウォールの場合は、チタンとチタンの壁の間に隙間があるので、この空間の温度が熱くなりすぎると変形する可能性もあります。

ダブルウォール構造

image by SnowPeak公式

なのでダブルの方は直火はまず無理だと思います。

ただ、シングルに関しては直火で使っているもいるようです。ただ、直火は色が真っ黒になったり、思ったような色がつかない場合もあるので注意しましょう。

また、あくまでも公式は推奨していないので、個人の判断で使用はお願いいたします。

スノーピークのチタンマグでキャンプをより一層面白く。

チタンマグ

カッコ良いギアって持っているだけでワクワクが止まらなくなるんですよね。

のぼる
そんなワクワクが止まらないのがスノーピークのチタンマグなんだよね。
つぐみ
機能的にも問題ないし、むしろ軽さや使いやすさも良いよね。

ということで、今回ご紹介したのはスノーピーク「チタンマグ」です。

キャンプにマグは必須。どのメーカーか迷っている人は、是非一度チェックしてみてください。

ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

\関連記事もチェック!/
スポンサードリンク
おすすめの記事