スポンサードリンク

タイトル

今日はフリーサイトなどで、車の乗り入れができないキャンプ場で荷物運びをするときに便利なキャリーワゴンをご紹介します。

のぼる
今回はコールマン製の「アウトドアワゴン」をご紹介するよ。
つぐみ
前回紹介した、アルパインデザインのとはちょっと違うのかな?
のぼる
用途はほとんと一緒!だけど若干違いがあるから、その辺も含めてご紹介しようかな。

ということで、実際にキャンプ場でワゴンを使ってみたので、感想と一緒に特徴なども紹介したいと思います。

\今回紹介する商品はこちら!/
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥8,295 (2020/09/26 20:28:45時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

カラーバリエーションと他社との価格比較。

アウトドアワゴン

まずはコールマンのアウトドアワゴンのカラーの種類について、Amazonの価格を参考にカラー展開をご紹介します。

カラー種類
カラー 価格
レッド 7,995円
オリーブ 13,111円
コヨーテブラウン 11,400円
ブラック 11,185円
ネイビー 9,990円
グレー 9,990円
インディゴ 15,540円
ナチュラルカモ 12,680円

(※価格は(2020年06月03日現在)Amazon価格を参考にしたものです。そのため変動する可能性もあります。)

コールマンの一番の特徴は、このカラーバリエーションの多さなんです。

のぼる
大帝のキャンプブランドは、それぞれワゴンを持っているけど、ここまでカラーの種類が多いブランドはそうないよね。

価格によって金額は上下ありますが、一番安いところでいくと8000円切ることもあるので、コスパも結構良いんですよね。

他社のワゴンと価格を比較してみるけど、こんな感じになっています。

メーカー別価格比較。
メーカー 価格
アルパインデザイン 7,990円
コールマン 8,510円
ロゴス 9,798円
DOD 12,100円
CHUMS 15,180円
クイックキャンプ 9,960円
FIELDOOR 6,980円

今回はAmazonで「キャンプ ワゴン」で検索してヒットしたものの中から、よく扱われているブランドをピックアップしました。

平均価格帯は10000円前後。かわいいものやデザイ性の高いものはちょっと価格が上がる傾向のようです。

コールマンは比較的やすい部類に入りますね。

個人的にCHUMSは、ロゴが可愛いので好きな感じです。

ちなみにコールマンだとこの色が結構おすすめです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,378 (2020/09/27 10:15:59時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

コールマンのアウトドアワゴンの大きさ、積載量などのスペック。

ワゴンのスペックとして大切なのは大きさと積載量について。

まずチェックしていきましょう。

サイズ表

サイズ・重さなどの概要
数値
サイズ 本体サイズ:約106×53×100(h)cm
収納サイズ:約95×22×17.5(h)cm
荷台のサイズ:約88×42×31(h)cm
耐荷重 100kg
重さ 約11kg
材質 フレーム/スチール
生地/ポリエステル

大きさは他社ワゴンと同じくらいの大きさです。

以前紹介した、アルパインデザインのと比べると、ちょっとだけ大きいですが、一般的なワゴンのサイズ感です。

ワゴン

あと、ハンドル部分が少し高めに伸びるので、背が高い人にもおすすめです。

created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,378 (2020/09/27 10:15:59時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

実際の使い心地!使い方を解説します。

まずは収納方法。コンパクトにまとまるのがすごい。

アウトドアワゴンの良いてんは使用しない時にコンパクトに収納できるところ。

アウトドアワゴン

縦長くまとまるので車に乗せやすい形です。

この状態では使えないので、カバーやフックを外して広げましょう。

フック

ジッパー

カバーを外したら、マジックテープのベルトをとくことで展開できます。

収納時のワゴン

ベルト

底板を敷けばもうワゴンとして使えます!

開かれたワゴン

カバーの横に底板が畳んで入れてあるので、開いたワゴンに敷いて使いましょう。

底板

ハンドルは伸縮自在!

基本的にコロコロとハンドルを引いて使用しますが、コールマンのハンドル部分は伸縮式になっています。

ハンドル

ハンドル

自分が好きな長さまで伸ばして、コロコロと移動しましょう。

実際にコロコロした感想。安定感がある。

物の移動時には、フックをつけてから荷物が落ちないように固定します。

荷物が乗ったワゴン

ロープ

ワゴンよりもはみ出して荷物を載せている場合は、ちょっと面倒ですがこの作業をしておくと安定的に運べます。

フック

実際にコロコロと運んだ感想はどうでしょうか?

のぼる
タイヤが大きくてしっかりとしているから、安定感がしっかりしている。
つぐみ
うん!それと、荷物をしっかりと載せても楽々運べる感じがあるわよ。使いやすい。

ということで、使い勝手に関しても申し分ない感じです。

コールマンのワゴンは、ワゴンの中でも定番商品で、使用している人も多いです。

だからこそ、安心感の高い商品と言えます。

アウトドアワゴンを探している方は、是非チェックしてみてください。

ふたりキャンプ(@futari_camp)の商品紹介レビューでした。

\アウトドアワゴンのその他!/
スポンサードリンク
おすすめの記事